• ホーム
  • HIVの感染経路は?症状や検査について

HIVの感染経路は?症状や検査について

HIVとは、後天性免疫不全症候群、通称エイズを発症させるヒト免疫不全ウイルスのことを言います。
現在日本では1型のHIVが流行しており、一度罹患すると自然に治癒することも薬で完治させることもできないため注意が必要です。

HIVに感染すると、私たちの免疫機能をコントロールする細胞に侵入して破壊し、自分自身を増殖させていきます。
すると約5年ほどで免疫機能が正常に働かなくなり、発熱や倦怠感、食欲低下や吐き気といった身体の不調が現れ始めます。
最終的には重篤な免疫不全が発症し、肺炎の悪化やガンの発現、認知症など様々な合併症を引き起こして死に至ることもある非常に怖い病気です。

感染経路はいくつも考えられますが、多いのは輸血による血液感染や性交渉による感染、母乳を介した母子感染などです。
HIVウイルスは特に血液や体液、母乳などに多く含まれているため、直接それらを接する場合に感染するリスクが高くなります。
ちなみに、体液と言っても唾液や尿、涙などにはほとんどウイルスは存在しないので心配ありません。

また、感染するためには皮膚にウイルスの侵入経路となる傷口が必要です。
傷が全くない丈夫な皮膚であれば、仮に血液や体液と接しても感染の可能性は低いでしょう。
ただ、男性同士の性交渉では精液が傷つきやすい腸管粘膜に達することが多いため、膣による性交渉と比べてリスクが高くなります。

血液や母子間による感染経路では、輸血だけでなく注射器の使いまわしや針刺しの事故、出産の際の産道感染や胎内感染もあり得ます。
現在では国によって厳格なチェックや予防対策が行われているため、輸血や母子感染のリスクは非常に低くなっていますが、それでもゼロではないため注意しなければなりません。

HIVの恐ろしいところは、感染してから長期間無症状という人も多いことです。
症状がないため感染に気付かず、無意識にパートナーとの性交渉や輸血を通じて感染を広げている可能性もあります。
万が一のことを考え、定期的に検査キットなどを利用して感染の有無を確認しておくと良いでしょう。

HIVの検査キットとは

HIVは非常に怖い感染症というイメージが強く、人の目が気になったり保健所や病院に行く勇気が出ずに検査を躊躇している人も多いです。
しかし、HIV感染の有無を調べることは、自分だけでなくパートナーや将来生まれてくる赤ちゃんのためにも大切なことです。

保健所で検査を受けられない場合は、インターネット通販で取り扱われているHIV検査キットを利用してみましょう。
最近は様々な病気や血液を検査できる簡易キットがネット通販で販売されており、HIV検査も約3,000円程度という安い費用で検査が可能です。
具体的な費用は通販サイトによって異なりますが、いずれも高額ではないので経済的な負担も小さいです。

検査キットには、血液を採取するための容器や針、返送用の封筒など必要なものが一式全て揃っています。
自分がやることと言えば血液を採取して必要事項を書類に記入してポストへ投函するだけなので、時間も手間もかかりません。
検体を返送したら約1週間程度で結果が分かり、メールやウェブサイトで確認することができます。
電話での結果報告を希望しない限り、最初から最後まで誰とも直接関わることなく検査が行えるので人目を気にする必要もありません。

HIV感染に対して不安を感じながら誰にも相談できなくて悩んでいるような場合は、誰にも知られず感染の有無を知ることができる検査キットがお勧めです。
もちろんキットを利用したり治療を始めたからと言って完治させることはできませんが、早めに感染に気付いて治療を始めることで、エイズの発症を長期間抑え込むことはできます。
保健所などではHIVの相談なども受け付けているので、まずは情報を集めることから始めてみると良いでしょう。

関連記事