• ホーム
  • 男女共に感染する咽頭クラミジアとは

男女共に感染する咽頭クラミジアとは

咽頭クラミジアは、クラミジア・トラコマティスという細菌がのどの奥にある粘膜に感染することで起こる病気です。
口、直腸、生殖器からのオーラルセックスが感染経路になっています。
ディープキスのような、口と口が接触するだけでも感染するのが咽頭クラミジアの特徴です。
そのため、性別を問わず男性も女性も感染しやすいです。
性病はコンドームをつければ予防できると思っている人が多いですが、口からの感染があるのでコンドームだけで防ぐことはできません。

おまけに、咽頭クラミジアの症状は自分では気づきにくいという特徴があります。
のどの痛みや咳、鼻水のような風邪と似た症状なので、専門医でも見ただけでは分からないほどです。
感染となる性行為から1~3週間の潜伏期間を経て発症しますが、風邪だと思って咽頭クラミジアと結びつける人はほとんどいません。
そのため、気付かないうちにパートナーに感染を広げてしまうということが、とても多い病気です。

さらに、咽頭クラミジアを持っている人は、生殖器のクラミジアを持つ割合が非常に高いです。
なぜなら、パートナー同士で口から生殖器へと感染し合っている状態だからです。
咽頭クラミジアだと気づいた理由は、生殖器の変化からだという人が多いのはこのためです。
重複感染と呼ばれる症状で、感染者に多くみられるので注意しましょう。

咽頭クラミジアは気づかないうちに感染するだけでなく、感染を広げてしまう恐ろしい病気です。
男性も女性もかかっても気づかず、もし複数のパートナーが存在するとどんどん広がってしまいます。
日本ではオーラルセックスを好む傾向があるので、特に感染しやすいです。
日本でも多く見られる性病のひとつで、男性より女性の多く見られる傾向があります。
ただ、男性はかからないというわけではありません。
性行為をしている限り、感染の危険性はあるので不特定多数との行為は避けるなどして感染のリスクを減らす必要があります。

咽頭クラミジアの症状と予防方法

クラミジアは完治さえすれば再発することのない病気ですが、治療後にクラミジア感染者と性行為を行えば当然再感染してしまう可能性があります。
クラミジアは粘膜の直接接触がなければ感染しないと言われています。
しかし性行為(オーラルセックスも含む)の際は最初から最後までコンドームをきちんと使用することで、咽頭クラミジアなどの感染リスクをより下げることができます。
またセックスパートナーが多ければ多いほど感染経路が増え、リスクが高まりますから、これも要注意事項となります。

クラミジアは自覚症状が非常に乏しいもので、特にのどに感染する咽頭クラミジアは分りにくいものと言えます。
そのため予防には定期的なチェックを受けることも有効な手段となります。
早期発見・治療には定期的なチェックを行うことが男性女性とも非常に有効なのです。
特に25歳以下の若年女性・3ヶ月以内に新しいセックスパートナーができた・1年以内に2人以上と性行為を行った・性行為の際、コンドームを使用していない、などが該当する方は少なくとも年に1回はチェックを受けるべきと考えます。

チェックを受けるのに病院に行くことが恥ずかしいという場合は、性病チェックキットを使用することも1つの方法です。
このキットは自宅で行うことができ、匿名でも可能です。
またインターネットで注文ができるという利便性もあります。
注文してから送られてきたキットを使い、自宅で血液・粘膜などの検体を採取し返送、すると国から許可を受けた登録衛生所でチェックされ、数日後にメールや郵送でその結果が通知されるシステムです。
プライバシー遵守の観点からもメリットの大きい方法で予防のための定期的なチェックには大変おすすめとなる方法です。

しかしながらクラミジアは早期治療が重要ですので、明らかな自覚症状がある場合は迷わず病院に行きましょう。

関連記事