• ホーム
  • 性病の一種(淋病)の感染原因・症状・治療

性病の一種(淋病)の感染原因・症状・治療

カプセルのケース

淋病とは性行為によって感染する性病の一種で、淋菌という細菌によって引き起こされる感染症です。
淋菌の感染力はあまり強くはなく、感染経路も性行為に限られます。
性行為以外の感染経路で淋菌に感染することはほとんどありません。
淋病の症状は、男性と女性によって異なります。

男性の場合には尿道から膿が出たり、排尿時に痛みを感じるなど尿道炎の症状を伴うのが一般的です。
残尿感があったり、陰嚢が腫れたりする場合もあります。
性病の中には尿道炎を生じるものもありますが、淋病はその中でも激しい症状が出ることで知られています。
そのため排尿時の痛みが強かったり、膿の量が大量だった場合にはまず淋病が疑われます。

女性の場合には、男性ほどはっきりとした症状は出ないとされています。
おりものが増加する、おりものに膿が混じる、性器にかゆみを感じるといった症状が出ることもありますが、自覚症状がない場合も多く感染していることに気が付きません。
そのため治療をしないで放置してしまうことも多く、子宮内膜炎や卵管炎を引き起こすこともあります。
この段階まで進行すると発熱や腹痛などの症状が出ることが多いので、進行してからやっと気が付くということも少なくありません。
淋病が悪化してしまうと、不妊症や子宮外妊娠の原因となることもあります。

男性の場合にははっきりした症状が現れるので放置することは少ないですが、症状が悪化して精巣上体にまで炎症が起きると男性不妊の原因となることもあるので注意が必要です。
また、ごくまれにですが男性でも自覚症状が現れない場合もあります。

それから妊娠中の女性が淋病に感染すると、流産や早産を引き起こすリスクが上がります。
出産時に赤ちゃんが産道を通ることで母子感染することもあり、結膜炎・敗血症・関節炎・髄膜炎・尿道炎といった感染症を発症するケースも見られます。
特に淋菌性結膜炎は発症する確率が高く、最悪の場合には失明することもあります。

淋病の治療は抗生物質のミノマイシン

淋病の治療には、ミノマイシンという抗生物質が用いられます。
ミノマイシンはミノサイクリン塩酸塩という成分を主成分としています。
ミノサイクリン塩酸塩には細菌の増殖を抑える働きがあり、様々な細菌による感染症の治療薬として用いられます。
ミノマイシンはテトラサイクリン系の抗生物質の1つで、細菌の蛋白合成を阻害する蛋白合成阻害薬に分類されます。
薬の成分が細菌の体内に取り込まれやすいので、高い殺菌効果を発揮します。

淋病の原因となる淋菌に対しても効果があるので、淋病の治療薬としても用いられています。
ミノマイシンを服用する際には、医師の指示に従って用法や用量をきちんと守ることが重要になります。
抗生物質は服用の仕方を誤ると耐性菌が出来てしまい、薬の効果が無くなってしまうことがあるからです。
ミノマイシンはテトラサイクリン系の抗生物質の中では、耐性菌は少ないと言われています。
服用量は症状の進行具合や年齢などによって異なり、1日に1回から2回程度服用するのが一般的です。

それからミノマイシンは、ヨーグルトやチーズといった乳製品や牛乳と一緒に摂取すると薬の吸収率が下がってしまします。
ですから服用する際にはこれらの飲食物を控えたり、摂取してから時間を空けて服用する必要があります。
時間を空ける目安は、概ね2時間です。

ミノマイシンには重篤が副作用が現れることはほとんどありませんが、頭痛やめまいなどの副作用が起こることがあります。
吐き気を感じたり、下痢になったりする副作用が出ることもあるようです。
副作用の中では特にめまいの症状が出やすいので、車の運転をしなければいけない時や危険な作業をする際などには注意が必要です。

関連記事
人気記事一覧