• ホーム
  • 再発率が高いヘルペスの症状と治療にはゾビラックス錠

再発率が高いヘルペスの症状と治療にはゾビラックス錠

困っている女性

ヘルペスは単純ヘルペスウイルスに感染して発症する病気ですが、感染してもすぐに発症しないこともあり、しばらく時間をおいてから症状が出ることもあります。
症状はヘルペスウイルスが増殖した部位に水ぶくれができて、赤く腫れることが代表的なものです。
ヘルペスは唇にできる口唇ヘルペスと、性器にできる性器ヘルペスが主なものです。
それ以外には目にできるヘルペス角膜炎、や脳に起こるヘルペス脳炎などがあります。

口唇ヘルペスの症状の特徴は水ぶくれができる前に、唇にピリピリとした痛みを感じることです。
感覚としては、むずむずするという人もいて、痛痒く感じる人もいます。
そういった症状が出てから数時間や数日した後に水ぶくれなどの症状が出てきます。
その後水ぶくれはかさぶたとなり2週間程度で治ります。

性器ヘルペスの場合には性器の周りに水ぶくれや、赤いぶつぶつができたり、皮膚がただれたりします。
症状が強いと痛みが酷過ぎて排尿や歩行に困難を生じることがあります。
同時に発熱を起こすこともありますが、治療をしっかりと行うと1週間程度で治ります。
性器ヘルペスは非常に再発しやすい病気で、一度感染すると何度も繰り返し発症することがあります。
ただ2回目以降は症状が軽く済むことが多く、発症していることに気付かずに感染を広げていることがあります。

他にヘルペスウイルスによる感染症に帯状疱疹がありますが、これは種類が違っていて水疱瘡を起こすものと同じ種類のウイルスです。
帯状疱疹は過去に水疱瘡にかかったことがある人が、一度は水疱瘡が治った後に、免疫力が低下したりした時に再発を起こす病気です。
帯状疱疹の症状の特徴は身体の右か左の半分に神経に沿って集中して症状が出ることで、水疱瘡の時のような赤い水ぶくれができます。
これに対して口唇ヘルペスや性器ヘルペスは単純疱疹と呼ばれます。
単純疱疹と帯状疱疹は同じヘルペスウイルスの仲間のウイルスが原因ですが、このふたつは違うウイルスです。

ヘルペス治療薬のゾビラックスとは

ヘルペスの治療に用いられる薬剤はアシクロビルという成分でできているゾビラックスという薬です。
ゾビラックスはヘルペスウイルスの増殖を防ぐ薬でヘルペスウイルスに感染した時に起こる単純疱疹や帯状疱疹、水疱瘡の治療で使用されます。

ゾビラックスの効果はヘルペスウイルスが増殖する時に、ウイルスの中で活性化してウイルスがDNAを複製する働きを抑制します。
ウイルスが増殖する時には同じDNAを複製して数を増やしていくため、それを阻害することでウイルスが増えることを防止する効果があります。

ゾビラックスの服用の仕方は単純疱疹の場合にはアシクロビルとして200mgを1日5回服用します。
帯状疱疹の場合にはアシクロビルとして800mgを1日5回服用します。
飲む回数が多いので、服用し忘れないように気をつける必要があります。

ヘルペスを発症すると水ぶくれができるために、そこに何かの細菌の感染が起こってしまうと炎症を引き起こすことがあります。
こういったものの感染経路としては汚れた手で水ぶくれを触ったりすることがあげられますが、水ぶくれができている部位は表皮が破れていて感染を起こしやすい状態なので、少しのことですぐに感染を起こします。
他に衣類についた細菌や髪の毛に付いているものが付着するという感染経路もあります。
細菌感染を起こした時には抗生物質を使うと効果がでます。

そしてこの病医に使用されるゾビラックスは通販で購入できる薬です。
もしこの病気を発症した時には抵抗力が弱っていることが多く他の細菌感染も併発してしまうことがあるためアジスロマイシンも同時に利用すると他の細菌での感染を防ぐことができます。
アジスロマイシンは使用範囲の広い抗生物質で様々な感染症に使用されます。
通販で購入する時にはゾビラックスと一緒に購入しておくと、色々な使い道があります。

関連記事
人気記事一覧