• ホーム
  • ジスロマックの副作用と服用時の注意点

ジスロマックの副作用と服用時の注意点

マクロライド系の抗生物質のひとつであるジスロマックの特徴としては他の抗生物質に比べ、アレルギー反応が起こりにくいという特徴があります。
そのためペニシリン系やセフェム系の抗生物質に対してアレルギーが見られる場合も、注意すれば使うことができます。

しかしジスロマックは比較的副作用が出にくいものの、身体に合わない場合は症状が現れることがあります。
副作用の中でもまずよく見られるのが、胃腸系の症状です。
具体的には下痢・便秘・吐き気・胃痛などが挙げられます。
また、人によっては眠気やめまいが起きることがあります。
そのため運転や高所での作業はできるだけ避けるようにしましょう。

さらに皮膚症状として発疹が出ることもあります。
発疹だけの場合は比較的問題ありませんが、水ぶくれ・口内のただれ・目の充血・発熱が見られる場合は皮膚粘膜眼症候群等、重い皮膚症状につながる恐れがあります。

他にもジスロマックで見られる副作用には、アナフィラキシー・ショック、不整脈、横紋筋融解症、急性腎不全、間質性肺炎、肝臓病、大腸炎などが挙げられます。
特に手足のしびれ、脈拍の低下、脈拍の上昇、手足のしびれ、発熱などが見られる場合は注意が必要です。

そして抗生物質を服用する際、注意したいのが服用の仕方です。
抗生物質は体内に侵入した細菌を減らすために飲みます。
もし途中で服用をやめてしまうと、体内に細菌が残ってしまいます。
すると体内に残った細菌はその抗生物質に対して耐性を持つようになってしまいます。
そうなると細菌が体内に増えてしまい、治りが遅くなってしまうため、必ず処方された分は飲み切るようにしましょう。

またもし1回のみ忘れてしまった場合は、気が付いた時点で飲むようにします。
ただし1回に2回分服用するのは絶対に避けましょう。
2回分飲んでしまうと、副作用が強く出る恐れがあるからです。

ジスロマックは原則飲み切る必要があります。
しかし強い副作用が見られる場合はすぐに医師に相談するようにしましょう。

ジスロマックによる副作用の対処法

ジスロマックが体に合わなかった場合、様々な副作用が生じます。
その中でも特に多いのが、下痢・便秘・吐き気・胃痛といった胃腸系の症状です。
ヒトの体内には様々な細菌がいます。抗生物質は病気の原因となる細菌を攻撃しますが、この時本来体に必要な細菌も攻撃してしまうことがあります。
特に腸内には善玉菌が多く棲みついているため、抗生物質によって善玉菌が減少すると腸内環境の悪化につながります。

そのため胃腸系の症状が見られる場合は、善玉菌を増やす対処を取る必要があります。
そこでまず対処法として挙げられるのが、整腸剤の服用です。
整腸剤は病院でも胃や腸の負担を減らすために処方されることが多いです。
抗生剤と共に整腸剤が処方された場合は、必ず一緒に飲むようにしましょう。

また善玉菌をはじめとする乳酸菌は、食品から補うこともできます。
乳酸菌はヨーグルトや味噌等、発酵食品に多く含まれています。
これらの食品も積極的に摂るようにしましょう。
ただし、乳酸菌には様々な種類があります。
どれが体に合うかは人によって違うため、自分に合うものを見つけることが大切です。

そして特に胃痛がある場合におすすめの対処法としては、温かい飲み物を飲むことが挙げられます。
腹部を温めることで、痛みを抑えることができます。
特にカモミール茶は抗炎症作用も期待できます。

なお、ジスロマックを服用していると眠気やめまいが生じることもあります。
この時カフェインを摂取すると抗生物質の働きが弱まる恐れがあるため、無理をしないようにしましょう。

ただし胃腸系の症状や皮膚症状がひどい場合や、息切れや血圧低下などが見られる場合は、命にかかわる恐れもあります。
そのため重い副作用が見られる場合はすぐに医師に相談するようにしましょう。

関連記事