• ホーム
  • クラミジアの検査はどんな内容か?

クラミジアの検査はどんな内容か?

クラミジアに感染しているかどうかは、病院で受けられる検査で確認する事が可能です。
泌尿器科や婦人科といった病院であれば、クラミジアに感染しているか確認できるでしょう。
男性の場合は泌尿器科が、女性の場合は婦人科の方が受診しやすいと思います。

また病院だけでなく保健所でも行っているので、クラミジアに感染しているかもと不安に感じたら早めに相談するようにしましょう。
ただ、どのような検査を行うのか不安に感じる方もいるかもしれません。
病院などでは主に抗原検査が行われています。主に抗原検査ではクラミジアの有無を調べる事で、感染しているかどうかを把握します。

抗原検査でクラミジアを採取する方法には主に2つの種類があるので、その方法も確認しておくと良いでしょう。
スワブ検査は男性・女性共に行われる検査方法です。
女性の場合はこの方法でクラミジアに感染しているかを確認します。
スワブと呼ばれる検査用の綿棒を性器に挿入して、性器の粘膜や男性の場合は尿道の粘膜からの分泌物を採取し、クラミジアの有無を調べるのがスワブ検査の特徴です。

男性の場合は採尿検査で調べるケースもあります。
やはり尿道部分の分泌液に含まれる、クラミジアの有無を確認する検査です。
最低でも1時間は尿を貯めた後、ではじめの尿を約20ml採取しなければいけませんが、スワブ検査と比較すると痛みや違和感が少ないので受けやすいでしょう。

抗原検査で調べるケースが一般的ですが、抗体検査といって血液を採取して調べる方法もあります。
ただし、この方法は結果が出るまでに約3日から5日の時間がかかってしまうので、抗原検査の方が幅広く行われているようです。

検査を受けるという場合、どのくらいの費用がかかるのか気になりますが、病院で調べた場合は健康保険が適用されるかどうかで、費用の相場が変わってきます。
健康保険が適用されるケースだと費用は約3000円前後です。
自由診療だと約6000円から8000円の費用がかかります。

保健所の場合は多くのケースで無料です。
しかし場合によっては有料となるケースもあるので、この点は注意しましょう。
有料という場合にかかる費用の相場は3000円から5000円程度です。

クラミジアの検査キットについて

クラミジアに感染しているかどうか、より手軽に調べたいという場合は検査キットを活用してみてはいかがでしょう。
病院や保健所に出かけなくても、自宅で検査できるのがキットの特徴です。
メーカー直販サイトや、医薬品専門の通販、大手のインターネットショッピングモールなどでも販売されています。
インターネットで購入できるので、誰にも知られずに確認したいという方にもおすすめです。

購入の手続きを行うと自宅に必要なキットが送付されてきます。
男性の場合は採尿を行うタイプ、女性の場合だと膣内の粘膜を採取するタイプと、キットの内容が別れているケースが多いようです。
採尿するタイプであれば、尿を保存容器に採取して郵送するのみですので、手軽に確認する事ができます。

女性の場合はキットに入っている綿棒を膣口から挿入して、子宮口を拭い粘膜を採取しなければいけません。
難しいと感じるかもしれませんが、キットを販売しているサイトでは採取方法が詳しく記載されているので、その通りに行えば失敗する事は少ないでしょう。

送り返した尿や粘膜の組織を調べて、クラミジアがいるかどうかの検査が行われます。
検査結果は郵送やメール、電話連絡などから選べる所が多いようです。
キットの場合にかかる平均費用は、約3000円から4000円程度となっています。
病院や保健所に相談するのが恥ずかしいという方や、受診する時間がなかなか取れないという方も、キットであれば気軽に調べられるのでおすすめです。

ただし検査キットの場合、正しい方法で採取しなければ結果が変わってしまう危険性があります。
キットに付属されている説明書などを読み、正しい方法で採取・郵送するように心がけましょう。

関連記事
人気記事一覧